バンコク駐妻あるある日記

引きこもり、お洒落に無頓着、家ではダラダラ干物女のバンコク駐妻生活。1人で、日々、悩み、もがき・・・気付いたら、バンコクに5年くらい住んでいます。備忘録として日記を書く時もあれば、バンコク生活あるあるを公開することもあります。背伸びせずに、ありのままを書いているので、かなり辛口で平凡な内容だったり、悩みの公開になってしまってる節があるかもです。社交上手なキラキラ駐妻とは縁のない、自分に合ったマイペースな駐妻生活を模索中。



この日は、午前中からバトゥ洞窟へ行くことにしましたが、また、行き方について、旦那と意見が分かれそうに・・・。旦那が、調べたところ、電車が、1時間か1時間半に1本しかないと言い出す。というか、私達は、いつも、事前に調べるのが億劫なので、その日の朝になって慌てて工程を調べたりします(汗)ここで、私が、「タクシーでいいんじゃない?」って言ってみても、旦那は、「電車に乗りたいんだ!」と言い張る。でも、その後、何とか意見を変えてくれて、ホテルからタクシーで行くことに決定。

フロントにタクシーをお願いすると、すぐにGrabが来てくれました。Grabを呼んでくれるなんて、かなり便利!しかも、普通のタクシーより安い。バトゥ洞窟まで、かなりスムーズに行くことができました。

こちらがバトゥ洞窟の入り口。到着してすぐに、ものすごい景色が。ヒンドゥー教徒の聖地です。
IMG_20190716_114953

左にあるお寺の中では、インド人達が、お参りをしていました。
IMG_20190716_114258

洞窟の中に入るために、頑張って、272段のカラフルな階段を上って行きます。
IMG_20190716_120726

階段から見た風景。
IMG_20190716_125008

階段を上り終わって、洞窟の中に入ると、さらに向こう側にも、別の階段がありました。洞窟に光が差していて、ものすごく綺麗!
IMG_20190716_121459

奥の階段も登ると、本堂のある場所に到着です。特に、何があるってわけでもないんだけど、猿が沢山いて、猿の写真を撮っている人が多かったです。
IMG_20190716_122544

帰りも、同じ階段を下りて、戻ります。

そして、ちょうど、そのタイミングで大雨が降ってきます。

とりあえず、タクシーと交渉。最初は、KLタワーを目指してもらいましたが、雨が酷いので、急遽、KLCC駅に変更してもらいました。

そこから、二日目に行ったブキッ・ビンタンへ行き、「良心」というマッサージ店を再訪。前回は、45分では短かったので、今回は、フット90分&ボディ45分をお願いしました。日本円にして一人4千円くらいです。

ちょっと、長すぎて、施術者は大変だったのかな?最初、私の施術者は、結構、さぼりだして、手が少し止まったり、さするだけになるところもでてきたので、私は、「もっと強く」とか「そこは弱く」とか、最初の左足は、かなりうるさくスタッフに声をかけて強さの調整をお願いしました。右足になると、しっかりやってくれたので気持ちよかった。左足もしっかりしてくれれば良かったのに。ボディは、腰を重点的にお願いしたら、腰痛と思われたらしく、お尻を重点的にマッサージされました・・・。もう、面倒なので、何も言わなかったけど。普通に、腰を沢山やってほしかった。

でも、全体的にレベルが高くて、タイでは、このクォリティのマッサージは受けたことがない。日本の上手いマッサージ屋というレベル。これで4千円は安すぎる。旦那の施術者は、かなり良かったそうで、こんなクォリティの高いマッサージは受けたことがないと感動していました。ここのマッサージを受けてから、旦那はこれまで、「マレーシアに移住する良さが見当たらない」と言ってたのが一転して、「マレーシアに期間限定で住んでも面白いかも!」とかなり評価が上がっていた。

その後、二日目に行ったバクテー屋「新峰肉骨茶」を再訪。何度食べても、ここのバクテー美味しすぎ。野菜のお鍋も一緒に頼んだので、ヘルシー。旦那も大満足。

そして、旦那の大好きなtealiveで黒糖タピオカミルク。私は、飲まずに見てるだけ。最後のタピオカ処理だけ手伝ってあげた(タピオカを全部ストローで取るの、難しいんだよね)。

あと、私の要望で、H&Mへ。なんか、タイと品揃えが違う気がするんだよね~。欲しい柄のパンツがあったので、試着をして購入。

その後、モノレールでKLタワーへ行くことに。しかし、ちょっとしたトラブルが。まず、モノレールのチケットを購入する機械が、4つ中3つが壊れている。まぁ、そのくらいはいいんだけど。モノレールがどれだけ待っても来ない。多分、30分くらい待った。故障&遅延だと思われるが、来る気配がなくて、人もどんどん集まってきて、全員乗れる気配もない。マレーシアもあまり並ぶ習慣がないから、最初の方に来ていた私達も、本当に乗れるかどうか不安だった。旦那が、かなりイライラしていて、「チケット返金できるか、駅員に聞いてくる」と言って、階段を下りた瞬間、やっと電車が来た。何とか、旦那を呼び戻して(電車が来るのがちょっと遅かったら、乗れていなかった。ちょうどいいタイミング)、何とか、ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗り込んだ。

とりあえず、KLタワーの最寄り駅で下車。しかし、KLタワーの方角が全然分からない。Google Mapは上手く表示されないし、人に聞いたら、最初、間違った方向を教えられて、戻ったりもした。でも、何とか、KLタワーに到着。迷ったり写真を撮りながら行ったので、徒歩で30分近くかかったかも。
IMG_20190716_195624

せっかくここまで来たので、チケットを購入してタワーに上ることにしました。ここで、旦那が、自分の番になってチケットを買おうとしたら、後ろのインド人が横入りしてきたって、イライラしていた。ホント、インド人は並ばないよね。っていうか、このタワー、インド人だらけで(8割くらいインド人)、インドに来たかと思った。
IMG_20190716_201216

余談だけど、マレーシアは、マレー系69%、中華系23%、インド系7%の民族構成って言われているけど、私達がクアラルンプールで観光している間に目に入った感覚では、それぞれが同じくらいずついるイメージ。クアラルンプールは、また、民族構成が違うのかも。ちなみに、みんな、そんなに英語が上手い感じはしなくて(話せてもアクセントがかなり聞き取りにくい)、結局、それぞれの民族同士で集まって、それぞれの言語で暮らしているからなんだと思う(公立の学校も人種によって分かれているらしい)。結局は、多民族国家って、そういうもんなんだよね。

タワーに上って、日の入りを待つと夜景を撮ることができました。ツインタワーが見えたけど、タワーがちょっと重なっちゃってる。中は、観光客でかなり混雑していて、上るのもエレベーター待ちでかなり待ったけど、下りる方がかなり長い行列ができていて、かなり時間がかかった。
P7160915

外から見たタワーもイルミネーションが綺麗だった。
IMG_20190716_213305

その後、旦那が、伊勢丹で購入したいチョコレートがあるとのことで、急いでタクシーと交渉して(この時点で、閉店の30分くらい前)、伊勢丹まで連れて行ってもらった。そして、無事、チョコレートを購入。

これにて、四日目が終了。

五日目は、朝食を食べて帰るだけ。しかし、この日、朝食会場で、ちょっとしたイライラが。まず、会場で場所を取るために、席に私のカーディガンを置いて席を離れて、食べ物を持ってきたら、中国人が勝手に座っている!この経験は、人生で初めてなんだけど・・・。それで、「私が最初に取った席」って言ったら、中国人が、「じゃ、隣に座れば?」とか言ってきた。もう、面倒だから、席変えたけどね。しかも、これは、イライラじゃないんだけど、食べていたら、中国人に、中国語で色々話しかけられて、結局は、「使用していないスプーンとフォークが欲しい」ということだったらしいんだけど。とりあえず、中国語の必要性を感じる(笑)。帰ったら、すぐにでも、中国語の勉強始めようかな。

帰りは、フロントでGrabを呼んでもらえて、スムーズに安く空港まで行くことができた。旦那が、空港のジャングル・ボードウォークを楽しみにしていたが、改装中につき、閉鎖中。私が楽しみにしていたスタバでは、デカフェが切れていてソイラテが飲めず。ラウンジには、楽しみにしていたワインは置いていなかった。が、問題なく、バンコクに帰国しました。

帰国後、とりあえず、ユーチューブを見ながら、中国語を勉強し始めました。もう、この年齢になると、単語が覚えられずに、早くも挫折しそう。3日坊主かな(^^;)





  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング



人力車の運ちゃんと別れた後、ボートのチケットを購入。ここまで、時間的に、かなり順調。ボートは、10分後くらい(13時)に出航するらしく、かなりちょう度よい。約40分のクルージングです。
IMG_20190715_143516

ボートが来たので、順番にボートに乗り込みます。
IMG_20190715_135709

クルージングなので、途中下車せずに、行って戻る感じです。

マラッカの街並みがボートから見渡せます。ウォールアートが多かったです。
IMG_20190715_140051_1

橋の下をくぐったりして、何だか、遊園地のアトラクションみたい。
IMG_20190715_140549

赤茶色の建物が多いですが、赤はオランダ時代の色だそうです。
IMG_20190715_141706

15分くらいでUターンし、結局、30分くらいで終わりました。楽しかった!

その後は、少し、川沿いを歩いて、もう一度、オランダ広場に戻ります。
IMG_20190715_144146

ここから、ジョンカーストリートを目指します。こちらがジョンカーストリートの入り口。
IMG_20190715_144412

ここは、本当は、夜の方が、出店も並ぶし、夜市のような感じで綺麗らしい。雑貨店、カフェ、ソフトクリーム屋など、土産物屋やB級グルメ店が色々あったけど、特に、欲しいものは見当たらず。

IMG_20190715_144845

旦那は、お腹がすきすぎて、中国の菓子パンを購入していました。台湾のパイナップルケーキの試食もさせてもらいました。
IMG_20190715_150007

マレーシア最古の中国仏教寺院である青雲亭。
IMG_20190715_151203

ジョンカーストリートは、特に、何もなかったので、その隣のヒーレン・ストリートで、ニョニャ料理を食べに行きます。

が、またしても、古すぎるガイドブック(2012年版)に載っていた店が存在せず、どうしようか悩んでウロウロしていたところ、たまたま、目の前にニョニャ料理屋を発見。Kochik Kitchenというお店。その場で、トリップアドバイザーを見て、評価も悪くなかったので、入ってみることにしました。
IMG_20190715_162400

ちなみに、ニョニャ料理とは、中華料理とマレー料理がミックスして生まれたもの。

とりあえず、適当に頼んでみた。

左が、チキンポンテ(チキンとジャガイモの醤油煮)。右がLemak Nenas(ココナッツカレー。エビが入っていた)。旦那は、チキンポンテにハマったらしい。私は、このココナッツカレーがものすごく美味しかった。タイのチキンカレーに似ていて、一切辛くない。
IMG_20190715_155007

そして、左がパイティ(パイ生地の中に野菜が入った前菜)。これ、かなり美味しかった。右がダックスープなんだけど、酸っぱくてあっさりしていて、旦那は美味しいと言っていたが、私は微妙だった。
IMG_20190715_155516

トータル的に、ここのお店、美味しかったし、ニョニャ料理も、日本人の口に合うことが分かった。大満足です。

その後、ニョニャの博物館へ行こうと思い、ババ・ニョニャ・ヘリテイジに行ってみたが、これから撮影が入ると言われ、なぜか、私達の前に並んでいた中国人は博物館に入ったのに、私達は入れてもらえなかった。そういうの、ちょっと気分が悪いな~。

残った時間をどうするか考えていたところ、もう一つ、行きたいところがあったことを思い出す。「海辺のモスクっていうのがあるはずだよ(確か、HISのマラッカ1 day tourに入っていた)」と旦那に言って、ネットで調べてみたところ、タクシーがないと行けない場所にある。

とりあえず、御土産屋を少し見てから(中国人向けで欲しいものなし)、タクシーと交渉し、海辺のモスクに行ってからバスターミナルまで送ってもらうということで交渉成立。

こちらのモスクは、マラッカ海峡の海辺にあって、タクシードライバーは、Floating Mosqueと呼んでいた。イスラムの衣装を借りて、中を見学し、中から海を見渡すことができます。
IMG_20190715_165251

でも、やっぱり、このモスクは、外から見る方が綺麗。旦那にとっては、かなりサプライズ的だったようで、博物館に入れなくてラッキーだったと言っていた。
IMG_20190715_171101

4時間半のマラッカ散策は、かなり充実し、満足したまま、また、バスターミナルからホテルのあるクアラルンプールへ戻りました。

帰りに、旦那の要望で、KLCC駅にあるtealiveで黒糖タピオカミルク屋へ。私は、あまり飲めないから、Lサイズを頼んでシェアしたいと旦那に言ったが、お互いRサイズをそれぞれ頼んだ方がいいと言われて従った。飲めなかったら旦那が飲んでくれるらしい。結局、私は、2~3口しか飲めなくて、旦那が2杯飲むハメになり(結局、残した)、やっぱりLサイズを頼めば良かったと言っていた。だから、最初に、そうしたいって言ったのに・・・。ここで、前日購入した伊勢丹の団子も一緒に食べた。
IMG_20190715_213316


これにて3日目終了。







  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング

この日は、マラッカへ1day tripです。最初は、ツアーに参加しようか迷いましたが、値段も高いし、自由時間もなさそうなので、事前に、行き帰りのバスのチケットだけ、Webで予約&購入して行きました。
購入した予約表を見たら、出発時間の30分前に、カウンターで予約表とチケットを交換するように書かれていたので、ホテルの出発が7時半すぎ。地下鉄でKLセントラル駅へ行き、KTMコミューターに乗り換え。ちょうど、出発の30分前くらいに到着しました。
IMG_20190715_094819

カウンターが沢山あって、どれが予約したバス会社のカウンターか分からない。
IMG_20190715_100145

何度かカウンターで聞いて、何とかKKKLを取り扱っているカウンターを発見。どこにも、表示がないから、分かりにくい。

予約表をチケットと交換して、改札を通り抜けて、バス乗り場へ。
IMG_20190715_101752

9時30分出発のバスですが、10分くらい遅れてバスが到着。
IMG_20190715_103614

座席は、飛行機のビジネスクラス並に広々していて、快適。シートベルトがないのが、ちょっと怖かった。

約2時間後に、マラッカのバスターミナルへ到着。
IMG_20190715_122623_1

ここから、タクシーでオランダ広場を目指します。25リンギット、大体15分くらいで到着。

結局、マラッカ市街に着いたのが、12時前くらいで、帰りは、16時30分くらいに出発してバスターミナルへ向かいたいので、観光できるのは、4時間半くらい。

まずは、オランダ広場で撮影タイム。ここは、写真を撮る観光客だらけでした。
IMG_20190715_124553

トライショー(人力車)の運ちゃんに話しかけられて、値段を確認していたら、旦那に、「何やってんだ?!」って怒られた……。この人、歩いて周るつもりらしい。滞在時間が短いから、時間をお金で買うつもりで、人力車の利用もいいかなぁ~と思っていたんだけど・・・。

まず、旦那が行きたかったのはフランシスコ・ザビエル教会。Google Mapを頼りに、何とか見つける。柵の中に入れなかったので、きれいな写真は撮れなかった。
IMG_20190715_130155

とりあえず、もう一度、オランダ広場に戻る。お互いのスマホの問題か、Google Mapの道案内が上手く表示されず(いつものことなんだけど)、方向は分からないし、時間も限られてるし、旦那も疲れたらしく人力車に乗るのもありと思ってくれたみたい。運ちゃんと交渉して、観光スポットまで連れて行ってもらう(歩いても行ける距離だけど、なんせ、時間がないから)。

観光スポットは、一箇所に集まっていて、運ちゃんは、その場所で待っていてくれるらしい。

こちらは、サンチャゴ砦。ポルトガルに建造された要塞跡。

IMG_20190715_131257

そして、その横の階段を上ってセントポール教会へ。こちらも、ポルトガル統治時代に建てられたもの。
IMG_20190715_132058

教会の中の様子。
IMG_20190715_132328

この辺から、旦那がトイレが我慢できなくなったようで、トイレ探しが始まる。結局、見当たらず、運ちゃんに言ったら、近くのモールのトイレに案内してくれた。旦那が、トイレのせいで、教会の写真をゆっくり撮れなかったと残念がっていた。

その後、運ちゃんに、ボート乗り場に連れて行ってもらう。ボート乗り場も、よく分からなかったから教えてもらえて、かなり助かった。ありがとう、トライショーの運ちゃん!ってか、ポケモンが可愛い上、運ちゃんが超笑顔。

IMG_20190715_134136



  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング

↑このページのトップヘ