2015年6月
赴任。
P1070166


2015年6月
住むアパートが決まって、ホッとして、初めての観光!ボートに乗って、カオサンへ行った。何もかも新鮮だった。
P1070207

2015年7月
サンフランリバーサイド。
夕方のショーだけで良かったかもしれないけど、なぜか、午前中から、文化体験村で色んな体験をして(殆ど人がいなかったし、閑散としていた。クォリティもかなり低い)、ランチブッフェを食べて、夕方から象のショーとダンスショー/ムエタイショーを見た。
P1070358
DSC_0326

2015年7月
アユタヤへ行って、象に乗る。水上マーケットも行く。私は、2度目のアユタヤ。
P1070253

2015年8月
エラワンに踊りを見に行く(8/12)。実は、この5日後(8/17)、ここで爆破事件が起こる。
DSC_0399


2015年8月
シーラチャーのタイガーズー
ワニのショー、トラのショー、象のショーなど、色んなショーがあって、さらに、トラの赤ちゃんにミルクをあげたり、ヤギたちに餌をあげたり、射的をしながらクマに餌をあげたり、とても楽しめた。
P1070485


2015年9月
伊勢丹前からバスで。タリンチャン水上マーケット。ボートツアーに参加。安上がりの旅だった。
P1070599


2015年10月
同期がタイに来て、一緒に観光。写真は、アユタヤ。
P1070696

2015年10月
サメット島
アオチョービーチのホテル最高♪ バイクを借りて、島内を全て周る。アオプラオビーチが一番透明度が高いことを知る。島の最南端にも行く。夜のファイヤーショーも良かった!この時は、行き帰り、エカマイ発着のバスを使う。片道、4~5時間かかって、旦那が腰が痛いと言っていた。帰りは、スピードボートが遅れて、バスに乗れないかと思ったけど、ギリギリセーフ。スーツケース持って、めっちゃ走った。帰りのバスは、停車するところが多くて、さらに時間かかった。途中、ガソリンスタンドでトイレへ行ってた人が、置いてかれそうになってた。
そういや、最終日の朝、カヌーに乗ったために、準備の時間がなくなる。お互い急いでいて、私がシャワーを浴びている時に、旦那からのチャイムがなり、鍵を開けてあげたら、そこが水浸しになってしまったらしく、旦那が転んでしまった。膝をひねってしまい、未だに、痛いそうだ。その日は、その後、ずっと旦那の機嫌が悪かった。
P1080166


2015年11月ドゥシット動物園
P1080329

2015年11月
初のロイクラトーン@ベンジャシリ
最初、流したクラトーン(旦那の会社の人からもらった)は、お金を取る目的なのか、棒で壊されてしまって、不吉な予感がしたので、もう一度、クラトンを買い直し、再度、流す。
P1080369

2015年12月
ロップリーのひまわり畑。
ひまわり畑と、ダムにも行く。ダムでは、ツアー用の列車で園内観光。ダムには、ひまわりはなかったので残念。また、正直、比較対象が北海道の北竜町のひまわりの里になってしまっていたから、あまり満足感が得られなかった……。ひまわりも、正午をすぎると、首が下向きになってしまうし。せっかく、長距離ドライブしてもらったのに、ドライバーさんも、すぐ帰ろうとしてしまって、旦那と話し合って、もう一軒だけ、別のひまわり畑にも行ってもらった。とりあえず、タイでは、日本で見られるような広大なひまわり畑は期待しない方が良いことが分かった。
P1080466

2016年1月
セントラルワールドへ行ったら、ちょうど、Japan Expoやっていて、少し待ったら、ちょうど、モー娘。の矢口が出てくることが分かって、私は、ステージの一番前の方で見ることができて、かなりラッキーだった。矢口は、歌もダンスも上手かった。知ってる曲ばかりで、かなり、テンションあがって、夢のようだった。野外ステージの後、デパート内でも、矢口を歓迎するようなステージをやっていた。タイ人でも、モー娘。好きが多いことを知った。
DSC_0955


2016年2月
2度目のサメット島。
同じアオチョービーチのホテルに泊まり、同じように、バイクを借りて、アオプラオビーチまで行く。ホテルの朝食のスタッフ、前も来たよねって顔覚えててくれた。旦那は、アオプラオビーチで、マッサージを受けていた。その間、私は、スノーケリング。今回は、ピアまでは、ドライバーを使う。めっちゃ楽だった。
P1090215

2016年3月
パタヤ・ラン島
パタヤを見下ろす絶景スポットや、サンクチュアリーオブトゥルース、ラン島へ行く。サンクチュアリーオブトゥルースでは、馬に乗って、建物を一周する。チケットは、足マッサージ付だったけど、お喋りばかりしてて、めっちゃ下手だった。
P1090296

ラン島では、最初、どのビーチへ行くか、迷い、トゥクトゥクで、遠いビーチへ行ったり、でも、やっぱり汚くて戻って来たり(なかなか、帰りはトゥクトゥクが見当たらなくて大変)、移動で時間をロスしていた。やっと、ビーチを決めて、入ろうと思ったら、旦那が入って5分くらいで、ガンガゼを踏む。最初、何が起こったのか分からず、旦那は、浜辺へ行ったら、タイ人スタッフにビンで、針を全部埋め込まれてしまった(ストッパーがついていて、針は抜けないらしい)。旦那のラン島の旅は、終了。この後は、ずっと、足を引きずっていた。バンコクの病院で、最初、全身麻酔が必要って言われていて、拒否っていた。全治1ヶ月くらいだったと思う。部分麻酔しても、治療が下手で、針が残ってたみたいだったから。最終的には、自然に排出されたらしい。ラン島のビーチは、たばこ臭かったし、船やジェットスキーが多くて、危なかった。
P1090387


2016年3月
アパートの前の道路が、4日間くらい、夜中に工事が始まって、一睡もできないくらいうるさい。4日目くらいには、おかしくなりそうだった。Lotusのホテルに1泊することにした。しかし、就寝時間について、旦那ともめて(私は、疲れすぎていて早く寝たい。旦那は、1人で金太郎で焼肉食べたばかりだから、すぐに寝られないし、錦織の試合もみたい)、結局、旦那は1人で家へ帰って寝て、翌朝、また、朝食だけ食べにきたらしい。



















  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング