2日目は、電車で九份と十分へ。前日の夜に、電車の時刻表を調べると、十分行きの本数が1時間に一本と、かなり限られていることが判明。とりあえず、早起きをして、朝食会場へ。
朝食会場が、ムーミンカフェで、かなり可愛かった!一番のりだったので、独り占めできて、テンション上がる。
IMG_20190413_070614
IMG_20190413_070704

朝食も美味しくて、ガッツリ食べてしまった。

まずは、十分に向けて出発。平渓線への乗り換え待ちの瑞芳駅 で、旦那が豆腐スィーツを食べていた。
IMG_20190413_092958

瑞芳駅で、写真を撮っていると、日本人のおじさんに、「撮りましょうか?」って言われて、写真を撮ってもらった。そして、私が、「旅行者の方ですか?在住者の方ですか?」と聞いたのがきっかけで、おじさんとの旅が始まった。基本、アジア圏の旅行で、日本人に声をかけたり、かけられることって、なかなかないんだけど、なんだか、この和やかな田舎の平渓線では、そういう気分にさせるのかなぁ〜。ここから、半日くらい、ずっと、この大阪から一人旅で来られたおじさんと、ずーっと話して、一緒に行動をする。

十分に降りたら、まずは、滝へ行こうということで、おじさんと3人で、タクシーを探すが、駅のスタッフに聞いても、歩いて行けと言う。

台湾は、本当に英語が通じない。簡単な英語さえも通じない。バンコクでさえ、英語が通じなくてイライラすることが多いけど、台湾は、もっと通じなくてビックリ。むしろ、日本語の方が通じる。ここに住むには、中国語(北京語)が必須だなぁ〜と感じる。

うろうろしていると、たまたま、タクシーを発見。タクシーの運転手は、適正な値段で交渉してくるから、変にイライラしたりストレスをためる必要がない。そういうところは、日本に似ているし、観光しやすい国だなぁ~って思う。

滝まで、すごく遠いわけではないけど(むしろ、みんな、片道30分くらいかけて歩いている)、1時間に一本のローカル線ということもあって、あまり時間をロスしたくないので、片道100元でお願いする。

とりあえず、台湾のナイアガラと言われる十分瀑布に到着。というか、全然、ナイアガラじゃないし!規模が小さすぎるよ〜。おじさんも、期待外れと言っていた……。いや、おじさん、期待しすぎだよ!私は、最初から期待はしてなかったけど……なので、思った通りの感じ。おじさんは、ところどころ、私達の写真を撮ってくれたから、とても助かった。
IMG_20190413_111232

その後、また、タクシーで、十分駅に戻り、ランタン上げをする。

IMG_20190413_120402

1時間に一本、電車が通る時は、よけないといけない。
IMG_20190413_104158

こちらは、私達のランタン。四色のものを選んだ。あいのりAsian Journeyで、メンバー達がやっていたのを見てから、ずっと、やってみたかった。色ごとに、健康とか、金運とか、色々あって、四面に願い事をあげて、飛ばした。飛ぶときは、一瞬だった。

IMG_20190413_115756

IMG_20190413_115840

上手く飛ばなくて、屋根に当たっているのもあったけど、うちらのは、上手く上まで上がって良かった。おじさんは、ずっと、写真やムービーを撮ってくれていた。ガイドさんみたいやん!

あと、旦那は、ここで、鶏の手羽先のようなものの中にご飯が包まれているものを食べて、ものすごく美味しかったらしい。

2時間滞在し、再度、瑞芳駅へ戻る。そこからは、タクシーで九份へ。おじさんと一緒だから、割り勘できて、ラッキー。九份に到着したのは、13時くらい。九份は、日本でいうと、江ノ島のような感じ。

とりあえず、九份で頂上まで階段を上って、そこで、おじさんとお別れした。九份の頂上は、特に何もない。とりあえず、散策しながら、豆腐スィーツや小籠包を食べて、時間を潰す。天気は、そこまで良くなくて、景色も綺麗に見えず、途中、雨も降ってくる。4月は、梅雨前のベストシーズンってガイドブックに書かれていたのに、滞在中は雨が多かった……。
IMG_20190413_141422_1

まぁ、この写真は、何だか幻想的?だけど。
IMG_20190413_141725
千と千尋の神隠しの舞台ということで有名なので、ジブリグッズも沢山販売されている。可愛すぎる!特に、カオナシが……。
IMG_20190413_155450
IMG_20190413_141047

とても美味しかった豆腐スィーツのお店。
IMG_20190413_152612
美味しすぎて、二種類食べてしまった。
IMG_20190413_152556
IMG_20190413_152249

旦那は、台湾名物パイナップルケーキも買っていた。私は、お湯を入れて作れる黒糖生姜茶を購入。

歩きすぎて疲れていたので、千と千尋の神隠しで有名な阿妹茶楼の写真を撮るために、向かいの海悦楼茶坊のテラス席を陣取る。この時点で16時くらい。日の入りは、18時半くらいなので、2時間半時間がある。とりあえず、台湾ビールやお茶を飲んで時間を潰す。お酒なんて、久しぶりすぎる……。思ったより、九份が小さかった(もう少し遅く着いても良かった)という点が想定外だったけど、まぁ、しょうがない。ホント、長い2時間半だった。ちなみに、このレストラン、お客さんの殆どが日本人だった。ツアーでも、来てるようだった。しかも、喫煙所になっていて、度々、タバコのニオイや煙にイライラした。
IMG_20190413_172000

16時くらいの景色。この景色も綺麗なんだけどね〜。

IMG_20190413_180032

18時半くらいの景色。私のスマホでは、綺麗に写らない……。
IMG_20190413_182603

日の入りは、一気に来た。すぐに暗くなって、山が見えなくなった。なので、この瞬間が大事だったんだと思うと、待っていたかいがあったと思う。

その後は、ぶらぶら散策。提灯が沢山あって、お祭りみたい。ベトナムのホイアンを思い出す。
IMG_20190413_185522

帰りの混雑が怖かったので、早めに(20時くらい)九份を出発。ちょうど、相乗りのタクシーが人を探していたので、それに乗って、スムーズに(1時間もかからずに)ホテルの最寄り駅まで送ってもらえた。最初は、旦那が、このタクシーに乗りたくない、バスで帰りたいと、かなり渋っていたが、私とタクシーの運ちゃんで、頑張って旦那を説得した。結局は、スムーズに帰れて、旦那も、ご満悦。旦那が、「今日、一番良かったことは、九份からスムーズに戻れたことだ」って言っていたくらい。車内では、沖縄からの旅行者と、色々、ご当地トークなどをしていたので(私も、酔がまわって、饒舌になっていた)、一瞬で着いた感じ。その方に、臭豆腐について教えてもらったので、台湾にいる間に絶対に食べよう!と決める。

帰りは、SOGOで、パイナップルケーキの試食をしたり、旦那はカップ麺を購入していた。ここで、ペットボトルの水を買う買わないで、バトル……。旦那が買おうとしたのを必死で止めた。ホテルでも、もらえるし、バンコクから沢山ペットボトル持ってきたし(いつも、水が余って、ペットボトルを沢山バンコクに持って帰るのは私の役目)。結局、ここで買わなくて正解。この旅でも、ペットボトルを数本持って帰ることになったので……。

その後、少し、ぶらぶら散策。大衆食堂が沢山あって、賑わっていた。
旦那は、ホテルの目の前にあるマッサージ店で、足裏マッサージを体験して、「一生懸命やってくれたけど、痛いし値段も高いから、もう行かない」と言っていた。

これにて、2日目終了。





  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング