2年ぶりに、日本に一時帰国をしました。

今回、久しぶりの羽田空港に到着すると、有人の入国審査場は、混雑して長い行列ができている一方で、パスポートをかざすだけで通れる機械が横に数台設置されていて、そちらは待たずに通過できそうだったので、新しいもの好きの私は、そちらへ直行(夜遅くて、早く、バスに乗りたかったし)。その時は、よく分かっていなかったのですが、後から調べたら、それは顔認証ゲートでした。

しかし、私のパスポート、上手く、反応しませんでした。もしかしたら、カバーを外さずに、機械に置いたからなのかもしれません。私がモタモタしていて、後ろに並んでいる人がイライラしたのか、「事前登録しろ!」みたいなことを言ってきましたが、調べたところ、顔認証ゲートに事前登録は必要ありません。

とりあえず、係員のところへ行くようにと機械に指示されたので、行ったところ、係員に「パスポートが汚れているので、反応しなかったようです」と言われました。確かに、顔写真のページ、色々、インクのシミみたいのがついてしまっていて、汚れているかも・・・。そして、その場で、スタンプを押してもらえました。

実は、それが、不幸中の幸いで・・・

その時点で、今回の一時帰国で、「入国スタンプが絶対に必要」ということを私自身、気付いていませんでした。

実は、
●買い物の際の免税の手続き
●免許の期限前更新

では、絶対に入国スタンプが必要なんです。

定期的に、日本に帰られている方にとっては常識かもしれませんが、なんせ、私は、2年に一度・・・浦島太郎みたいな感じで、日本のことがよく分かっていない。

もし、スムーズに、顔認証ゲートを通っていたら、きっと、私は、スタンプを改めてもらいに行ってないし(必要な方は、顔認証ゲート通過後に、スタンプをもらうことができます)、免税手続きができないくらいなら諦められるけれども、免許の更新ができなかったら、最悪、もう一度、誕生日前に、日本に来なければいけなかったかもしれないので・・・それを考えると、パスポートの汚れ様様です(笑)
*ちなみに、法務省に申請すれば、出入国記録は取り寄せることができるようですが、時間がかかるので、滞在期間が短い人にとっては、あまり意味がないかも。

ネットで、色々見ていると、自動化ゲートを通って、入国スタンプの押し忘れのために、「免税手続きができなかった」と嘆いている方も、ちらほら拝見したので、久しぶりに日本へ帰られる方は、絶対に、「入国スタンプ」!!と頭の中で忘れないようにして下さい。




  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング