この日は、午前中からバトゥ洞窟へ行くことにしましたが、また、行き方について、旦那と意見が分かれそうに・・・。旦那が、調べたところ、電車が、1時間か1時間半に1本しかないと言い出す。というか、私達は、いつも、事前に調べるのが億劫なので、その日の朝になって慌てて工程を調べたりします(汗)ここで、私が、「タクシーでいいんじゃない?」って言ってみても、旦那は、「電車に乗りたいんだ!」と言い張る。でも、その後、何とか意見を変えてくれて、ホテルからタクシーで行くことに決定。

フロントにタクシーをお願いすると、すぐにGrabが来てくれました。Grabを呼んでくれるなんて、かなり便利!しかも、普通のタクシーより安い。バトゥ洞窟まで、かなりスムーズに行くことができました。

こちらがバトゥ洞窟の入り口。到着してすぐに、ものすごい景色が。ヒンドゥー教徒の聖地です。
IMG_20190716_114953

左にあるお寺の中では、インド人達が、お参りをしていました。
IMG_20190716_114258

洞窟の中に入るために、頑張って、272段のカラフルな階段を上って行きます。
IMG_20190716_120726

階段から見た風景。
IMG_20190716_125008

階段を上り終わって、洞窟の中に入ると、さらに向こう側にも、別の階段がありました。洞窟に光が差していて、ものすごく綺麗!
IMG_20190716_121459

奥の階段も登ると、本堂のある場所に到着です。特に、何があるってわけでもないんだけど、猿が沢山いて、猿の写真を撮っている人が多かったです。
IMG_20190716_122544

帰りも、同じ階段を下りて、戻ります。

そして、ちょうど、そのタイミングで大雨が降ってきます。

とりあえず、タクシーと交渉。最初は、KLタワーを目指してもらいましたが、雨が酷いので、急遽、KLCC駅に変更してもらいました。

そこから、二日目に行ったブキッ・ビンタンへ行き、「良心」というマッサージ店を再訪。前回は、45分では短かったので、今回は、フット90分&ボディ45分をお願いしました。日本円にして一人4千円くらいです。

ちょっと、長すぎて、施術者は大変だったのかな?最初、私の施術者は、結構、さぼりだして、手が少し止まったり、さするだけになるところもでてきたので、私は、「もっと強く」とか「そこは弱く」とか、最初の左足は、かなりうるさくスタッフに声をかけて強さの調整をお願いしました。右足になると、しっかりやってくれたので気持ちよかった。左足もしっかりしてくれれば良かったのに。ボディは、腰を重点的にお願いしたら、腰痛と思われたらしく、お尻を重点的にマッサージされました・・・。もう、面倒なので、何も言わなかったけど。普通に、腰を沢山やってほしかった。

でも、全体的にレベルが高くて、タイでは、このクォリティのマッサージは受けたことがない。日本の上手いマッサージ屋というレベル。これで4千円は安すぎる。旦那の施術者は、かなり良かったそうで、こんなクォリティの高いマッサージは受けたことがないと感動していました。ここのマッサージを受けてから、旦那はこれまで、「マレーシアに移住する良さが見当たらない」と言ってたのが一転して、「マレーシアに期間限定で住んでも面白いかも!」とかなり評価が上がっていた。

その後、二日目に行ったバクテー屋「新峰肉骨茶」を再訪。何度食べても、ここのバクテー美味しすぎ。野菜のお鍋も一緒に頼んだので、ヘルシー。旦那も大満足。

そして、旦那の大好きなtealiveで黒糖タピオカミルク。私は、飲まずに見てるだけ。最後のタピオカ処理だけ手伝ってあげた(タピオカを全部ストローで取るの、難しいんだよね)。

あと、私の要望で、H&Mへ。なんか、タイと品揃えが違う気がするんだよね~。欲しい柄のパンツがあったので、試着をして購入。

その後、モノレールでKLタワーへ行くことに。しかし、ちょっとしたトラブルが。まず、モノレールのチケットを購入する機械が、4つ中3つが壊れている。まぁ、そのくらいはいいんだけど。モノレールがどれだけ待っても来ない。多分、30分くらい待った。故障&遅延だと思われるが、来る気配がなくて、人もどんどん集まってきて、全員乗れる気配もない。マレーシアもあまり並ぶ習慣がないから、最初の方に来ていた私達も、本当に乗れるかどうか不安だった。旦那が、かなりイライラしていて、「チケット返金できるか、駅員に聞いてくる」と言って、階段を下りた瞬間、やっと電車が来た。何とか、旦那を呼び戻して(電車が来るのがちょっと遅かったら、乗れていなかった。ちょうどいいタイミング)、何とか、ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗り込んだ。

とりあえず、KLタワーの最寄り駅で下車。しかし、KLタワーの方角が全然分からない。Google Mapは上手く表示されないし、人に聞いたら、最初、間違った方向を教えられて、戻ったりもした。でも、何とか、KLタワーに到着。迷ったり写真を撮りながら行ったので、徒歩で30分近くかかったかも。
IMG_20190716_195624

せっかくここまで来たので、チケットを購入してタワーに上ることにしました。ここで、旦那が、自分の番になってチケットを買おうとしたら、後ろのインド人が横入りしてきたって、イライラしていた。ホント、インド人は並ばないよね。っていうか、このタワー、インド人だらけで(8割くらいインド人)、インドに来たかと思った。
IMG_20190716_201216

余談だけど、マレーシアは、マレー系69%、中華系23%、インド系7%の民族構成って言われているけど、私達がクアラルンプールで観光している間に目に入った感覚では、それぞれが同じくらいずついるイメージ。クアラルンプールは、また、民族構成が違うのかも。ちなみに、みんな、そんなに英語が上手い感じはしなくて(話せてもアクセントがかなり聞き取りにくい)、結局、それぞれの民族同士で集まって、それぞれの言語で暮らしているからなんだと思う(公立の学校も人種によって分かれているらしい)。結局は、多民族国家って、そういうもんなんだよね。

タワーに上って、日の入りを待つと夜景を撮ることができました。ツインタワーが見えたけど、タワーがちょっと重なっちゃってる。中は、観光客でかなり混雑していて、上るのもエレベーター待ちでかなり待ったけど、下りる方がかなり長い行列ができていて、かなり時間がかかった。
P7160915

外から見たタワーもイルミネーションが綺麗だった。
IMG_20190716_213305

その後、旦那が、伊勢丹で購入したいチョコレートがあるとのことで、急いでタクシーと交渉して(この時点で、閉店の30分くらい前)、伊勢丹まで連れて行ってもらった。そして、無事、チョコレートを購入。

これにて、四日目が終了。

五日目は、朝食を食べて帰るだけ。しかし、この日、朝食会場で、ちょっとしたイライラが。まず、会場で場所を取るために、席に私のカーディガンを置いて席を離れて、食べ物を持ってきたら、中国人が勝手に座っている!この経験は、人生で初めてなんだけど・・・。それで、「私が最初に取った席」って言ったら、中国人が、「じゃ、隣に座れば?」とか言ってきた。もう、面倒だから、席変えたけどね。しかも、これは、イライラじゃないんだけど、食べていたら、中国人に、中国語で色々話しかけられて、結局は、「使用していないスプーンとフォークが欲しい」ということだったらしいんだけど。とりあえず、中国語の必要性を感じる(笑)。帰ったら、すぐにでも、中国語の勉強始めようかな。

帰りは、フロントでGrabを呼んでもらえて、スムーズに安く空港まで行くことができた。旦那が、空港のジャングル・ボードウォークを楽しみにしていたが、改装中につき、閉鎖中。私が楽しみにしていたスタバでは、デカフェが切れていてソイラテが飲めず。ラウンジには、楽しみにしていたワインは置いていなかった。が、問題なく、バンコクに帰国しました。

帰国後、とりあえず、ユーチューブを見ながら、中国語を勉強し始めました。もう、この年齢になると、単語が覚えられずに、早くも挫折しそう。3日坊主かな(^^;)





  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング