バンコク駐妻あるある日記

引きこもり、お洒落に無頓着、家ではダラダラ干物女のバンコク駐妻生活。1人で、日々、悩み、もがき・・・気付いたら、バンコクに5年くらい住んでいます。備忘録として日記を書く時もあれば、バンコク生活あるあるを公開することもあります。背伸びせずに、ありのままを書いているので、かなり辛口で平凡な内容だったり、悩みの公開になってしまってる節があるかもです。社交上手なキラキラ駐妻とは縁のない、自分に合ったマイペースな駐妻生活を模索中。

2019年01月




4年もバンコクに住んでいて、今さらといった感じなのですが、ふと、家の水質について、気になりだしました。もちろん、水道の蛇口には、長年お世話になっているCKMAさんの浄水器がついているので、飲み水や料理に関しては問題ないのですが、今回、気になったのは、シャワーです。

「シャワーを浴びると、塩素により、普通の水道水を飲む以上の有害物質を身体に取り込む」「塩素は、発がん性物質であるトリハロメタンを生成する」という記事を読んで、「発がん性物質」という言葉に敏感な私は、かなり気になってしまって。

ついこの間、語学学校の先生のお母様が、癌で余命宣告を受けており、一緒に、バケットリスト(生きている間にやりたいことリスト)を作成し、実行していったというお話を聞いたばかりなので、癌にはなりたくないなぁ~という気持ちが強く、敏感すぎるかもしれませんが(自分の身の回りのものは、発がん性物質で溢れているので)、シャワーの水質も気になってしまいました。

それで、エンポリアムデパートの電気屋さんで、普通に、日本の浄水シャワーヘッドが売られていたので、購入してしまいました。TORAYのトレビーノ、2,490バーツです。日本で購入した方が断然安いのですが、まだ一時帰国まで数ヶ月あるので、こちらを購入することにしました。しかも、購入をためらっていたら、店員さんが、1,990バーツにまけてくれました。

設置については、本当に、うちのシャワーに合うのか、上手くできるか不安だったのですが、意外に、すんなり設置することができました。

カートリッジの交換は、5カ月後です。ちなみに、交換用のカートリッジも、こちらの売っていて、確か、700バーツくらいです。やはり、高いので、カートリッジは、今度、日本へ一時帰国した際に、大量購入しようと思っています。

IMG_20190118_151607


↓やはり、日本で購入した方が安いですね(^^)

東レ トレビーノ 浄水シャワー トレシャワー シャワーヘッド RS52-BG ブルーグリーン

新品価格
¥3,828から
(2019/1/24 18:31時点)

東レ トレビーノ 浄水シャワー トレシャワーRS51/RS52用 交換カートリッジ RSC51

新品価格
¥1,045から
(2019/1/24 18:32時点)


  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング




休日、特にやることが思い浮かばなかったので、マハナコン展望台へ行ってきました。BTSチョンノンシー駅直結。当初オープン予定は、2年くらい前だったと思うので、やっとオープンしたか!って感じです。
IMG_20190120_145814

2019年1月末までは、ディスカウント価格765バーツ(昼間の料金は通常850バーツ)で入場可能です。このチケットには、展望台への入場料と、展望台でのドリンクの料金が含まれています。

飲食物持ち込み禁止なので、入場の際に、旦那はペットボトルを捨てるように言われていました。私も、水筒を持って行ったのですが、水筒の中身をトイレで捨てるように言われました。ベルトコンベアによる手荷物検査なので、こっそり持ち込むのは不可能です。

エレベーターに乗る前に、スタッフの方が販売用の写真を撮ってくれます。

エレベーターの中では、映像が映し出されて、USJとかのアトラクションにでも乗っているような気分。少し、酔ってしまいました。

まずは、74階の屋内展望デッキで、ガラス越しに、東西南北の景色を堪能。その後、75階にエスカレーターで上がり、そこからエレベーターに乗り換え、77~78階の屋外展望デッキへ!!

今日のPM2.5の大気の状況は、「健康によくない」と表示されています。

Screenshot_20190120-134701

展望デッキからの様子を見てみると・・・

IMG_20190120_141151

写真では、よく分からないかもしれませんが、かなり、スモッグがかかっていました。
この写真↑は、奥に見えるのが、サムットプラカーン・プラプラデーン郡。
ここでのサイクリング、大好きなんですが・・・スモッグのかかり具合をみると、
この時期のサイクリングは、自殺行為な気がします。


P1200061

↑アジアンティーク方面。

P1200062

↑スクンビット方面は、まだ、マシかな。


P1200015

アイコンサイアムも見えました!!

スカイウォークで空中散歩や空中浮遊 (?)も体験できます☆
旦那が、「なんだか、不思議な感覚がする~!」って言っていました。
私は、「このガラスが、この瞬間落ちたら、即死なんだろうな~。バンコクのトップニュースになるかもな~。」なんて、ちょっと、考えてしまいました。だって、下を見ると、ものすごく怖くて・・・

P1200050


こちら↓のドリンクは、無料で飲めるのですが(チケットに含まれている)、あまり、そそられなかったので・・・
IMG_20190120_142905


有料のメニューからフルーツジュースを頼みました♪ こちらは、100バーツ引きです。写真は、撮りませんでしたが、とても、美味しくて、健康的な味がしました(甘味料などの味は、一切せず、フルーツを普通にミキサーにかけたものの味)。
IMG_20190120_142918



IMG_20190120_144153

↑帰りは、エレベーターを降りると、写真の販売場所があります。3~4枚のセットで、495バーツ。高すぎます。普通にスルーしました。

IMG_20190120_144139

そして、お土産売り場。こちらもスルー。

とりあえず、あまり、調べもせず、期待もせず、何となく、ふら~っと行ったので、期待が低かった分、ものすご~く楽しかったです(笑) 空中散歩ができたり、ドリンクが飲めるとか、屋外のデッキがあるとか、何も知らなかったので(笑)

少なくとも、バイヨークスカイタワーよりは、全然、楽しいので、ぜひぜひ、行ってみて下さい~!!




  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング



最近、ものすごく騒がれているバンコクでのPM2.5。まぁ、最近というか、去年の12月ぐらいから、騒がれていたのかなぁ~。そして、よくよく調べていると、1年前もこの時期、危険性について騒がれていた・・・が、今年ほど広く認知されていなかったように感じる。

なぜなら、今や、街にでると、N95とか防じんマスクなど、一体、どこに売ってるんだろう?と思うようなハイスペックなマスクをしている人がとても多い。去年は、そんなに見なかったような・・・あまり周りを見ていなかったせいもあるが(あまり、周りを見るタイプじゃないので・・・)。とにかく、風の谷のナウシカに出てきそうな装置がついたマスクをしている人もいて、ビックリする。宮崎駿氏も、さすが先見の明があるなぁ~。あの世界が、現実になりつつあるよ。というか、もう既に現実。

そして、最近、旦那が英字新聞の購読にハマりはじめて、The Nationのトップニュースも、PM2.5の話題ばかり。ツィッターを見ても、皆、その危険性をつぶやいている。

それで、私も、やっと、「こりゃ、ただごとじゃないな」って、思い始めた。日本人にしては、かなり遅い方だと思う。12月にも、ちらっと誰かから危ないって聞いたんだけど、「中国ほどじゃないだろう~?」って思って、気にも留めなかったが、実際は、匹敵するほどなんだよね。旦那も、無頓着なほうだから、旦那からの情報なんて期待できない。っていうか、旦那なんて、殆どバンコクにいないから、関係ないんだろうなぁ~。バンコク以外も危ないみたいだけど。私自身、かなりの低層階に住んでいるので(余裕で階段で部屋まで行けるくらい)、外が霞んでるかどうかなんて、うちの窓からじゃ分からないから、特に問題があると感じなかったのも原因かも。普通に、2週間ほど前に、屋外テニスに行って(恐らく、その日は、かなりの危険日だったのでしょう)、「いつもコート満杯なのに、今日は、誰も人がいないね~。せっかくの乾季なのに、どうしたんだろう・・・。」なんて、呑気に旦那と話してた。呑気にもほどがある。

実は、あまり、欧米人は、そこまで気にしていないみたいで・・・英会話の先生に言ったら、あまり気にしていないようだった。イギリス人の彼は、「バンコクは天気がよくて最高だ!」って普通に先週言ってたし・・・。

去年、今年になって、いきなり大気の状況が悪化したってわけではないって個人的には思うんだけど。3年前も4年前も、その前も、きっと、ずっと、同じような状態だったはず。それが、タイ政府も、最近になって、やっと動きだして、国民もやっと危険性を認識しだしたのだろう。それはいいことなんだけど・・・・

私にとっては、やっと長い雨季が終わって、タイで一番過ごしやすい最高の乾季!ランニング三昧、テニス三昧の季節がやってきたというのに、なんだか、今年は、自分自身で、全て自粛しちゃってブルーな気分。全ての習慣を根本的に変えないといけなくて。実は、散歩も大好きなのに(何駅でも何時間でも歩けちゃうくらい大好き)、健康のために、たった一駅でもBTSの利用をしようと努めるようになったり・・・あと、公園での日向ぼっこもできない(敷物を敷いて、ごろごろ本を読んだり、ご飯食べたり、一人ピクニックをするのが好きだったりもします)。好きなことが、どんどんできなくなっていく。ちなみに、去年の2月も、かなり、大気汚染がヤバくて、その頃の私の日記を見ると、毎日、公園で一人ピクニックをしていた(苦笑)知らないって恐い。もう、手遅れかもしれない。私の肺の中は、かなり汚染されてるかも・・・。

なんだか、もう、ホント、タイにいるメリットがないというか・・・きっかけがあれば、すぐにでも日本に帰りたい。普通にノマドワーカーだったら、もう、バリ島あたりに移動してるだろうなぁ~。

案外、知らぬが仏っていうのもあったかも。PM2.5なんて、何も考えずに、ノーストレスで楽しく過ごすってのもありだったかもなぁ~。

とりあえず、今は、毎日、リアルタイムのPM2.5の指標(AQI)をチェックするのが日課になりました。

ちなみに、今は、どこも防塵マスクやN95のマスクは売り切れていることが多いので、普通のマスクを2枚重ねにしてつけると(または、マスクの中にティッシュを折り畳んではさむ)、かなり、粒子の流入防止に効果的だそうです。ブレズ薬局の薬剤師さんが言っていましたので、ご参考に♪



  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング

私は、タイに来たばかりの頃、なかなか、異文化に適応するのが難しかった時期がありました。その時に、知ったのが、下記の5段階の異文化適応のステージについてです。

アドラーの異文化適応の5段階

1.異文化との接触:文化的な差異に興味をそそられる時期(ただし、文化の表面しか見ていない)
2.自己崩壊:両文化の相違点が目につき始め、混乱する
3.自己再統合:自分かと相手文化の文化的差異を拒絶する
4.自律:文化的差異や共通点をありのままに認められるようになる
5.独立:文化の共通点や相違点をプラスにとらえられるようになる

バンコクに来て4年たった今、自分自身が、3番と4番を行ったり来たりしているような気がします。私、成長してないのかな?

最近は、殆ど、タイ人と交流を持たなくなってきました。

むしろ、来たばかりの頃の方が、タイ人と交流したい!って意気込んでいて、色々と活動しようと頑張っていた気がします。学生の頃のタイバックパック旅行の良い思い出が強かったので……。

今は、たま〜に、タイ人向けの無料ヨガに行くくらいで、それも、タイ語が分からないので疎外感が強く、最近は、また、行かなくなってしまっています。

タイ語力も、だいぶ落ちてしまったような……まぁ、中級くらいまでしか勉強していないので、もともと、高くはなかったんですけど。

本当は、せっかく、タイにいるから、タイの環境を活かした、タイでしかできないことをやりたいわけです。そうすれば、タイに来て人生が変わった!良かった!と思えるから。

例えば、タイ語を極めてタイ語通訳になる、カービング講師になる、タイ料理講師になるといった感じです。これが実現できたら、すごく、いい転機になると思います。実際、知り合いに、タイ料理講師になった方も知っていますし、とても輝いて見えました。

もちろん、トライしようと思いましたが、なんだか、私には向いてないようなのです。

タイ語の勉強は辛い、タイ料理は料理教室でテキパキ動けなくて野菜切ってるうちに全部出来上がってる、カービングは楽しさも使いみちも分からない………ハマってる方、すみません。こういう人もいるんです。汗

そこで、親しい友達でもできれば、友達目当てで続くのかもしれませんが(ちょっとは期待しましたが)、そんな出会いもなく。

とりあえず、カービングは、まだ、石鹸にはトライしたことないので、一度、体験に行くのは良いかもって思っています。新しいこと好きなので、一回限りの体験は大好き!

もう少し、タイの文化の良さをポジティブに受け入れられたら、もっと、変われるんじゃないかって思う次第です(^^)



  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング




私は、友達がどんどん本帰国して、ぼっちになって、その後、1年以上、新たな友達を作る努力をしていなかったので(友達ができそうなコミュニティや習い事に参加していなかった)、ぼっちになって、結構長いです。ぼっちで、気楽と思う時もあれば、寂しいと思う時もあります。特に、最近は、寂しいと思うことが多くなり、先月くらいから、積極的に、習い事の体験に行ったり、実際に通うようにして、少しでも人と接するように動くようになりました。

そんな折、先日、たまたま、一人で外でランチをした際、私と同じような時期に来られた駐妻さんに出会い(その方も一人ランチ)、ランチをご一緒しながらお話しましたが、その方も、すでに親しい友人は本帰国し、今は、一人でヨガなどのスタジオへ通って一人の時間を謳歌しているようでした。その方は、恐らくもうすぐ帰国だろうから、友達がいなくても平気で、いまさら、新たに作ろうとしていないとのこと。他にも、タイ人向けのヨガで少しお話した方も、友人は皆帰国したと言っていました。駐妻生活が長くなると、皆、同じ状況に陥るんだなぁ〜と実感。

ぼっちも悪くないんです。特に、やりたいことに打ち込めて、メンタルが上向いてる時などは、充実しているので、友達が皆無でも気にならなかったりします。

<ぼっちで気楽と思うとき>
・買い物やランニングなど、ほぼすっぴん&頭ぼさぼさ&ラフな格好で出かける時
 (特に、フジスーパーやエンポリで、上記の格好で会った場合、かなり気まずい?ので、知り合いがいない方が気楽です。)
・約束がないと、自由な時間が多く、時間を好きに使えたり、勉強、読書、趣味に時間をあてることができ、充実して過ごせる。
・ランチも、好きな時間に好きなものを食べれる。
・お金がかからない。
・友達と長い時間ランチをしながらお喋りして、「あー、今日も、無駄に時間を使ってしまった」と罪悪感を感じない。お喋りの内容が有用な情報交換だったり、お互いを刺激したり向上させるような内容、新鮮で楽しい内容、または、気の合う友達とのリフレッシュの時間になれば良いのですが……多くの場合、そうなるとは限らない。とりあえず、暇だから会おう、いつも会ってるからネタがない、価値観もバックグラウンドも違うので、とりあえず、当たり障りない世間話、最悪なのは愚痴大会や噂話……最初の一年は、そんな時が多かったです。

一方、あまりに、駐妻社会から離れて過ごしていると、色々と不都合もでてきて、最近は、バランスが大切なのでは?と思い始めています。


<ぼっちで寂しいと思う時>
・最近、ランチへ友達と行っていないので、バンコクのレストランの流行廃れがよく分からない。
・日本語を普段話さないので、日本語会話力が落ちる(結構、最近、危機的な状況)。
・最近、人とどのように関わって良いか分からなくなってきた。
・たまに、寂しいな~、話し相手ほしいな~と思う。
・楽しいことがあった時など、情報を共有できない。
・新たな情報が入らない。いつまでたっても視野が狭いまま。

軽い?いや、重度のコミュニケーション障害かもしれないです。これは、本帰国になってからの社会復帰に、かなり支障がでそうと、少し焦ります。人間は、社会で、集団で生きる動物なので、孤独な期間が長いと、メンタルを害する恐れもありますし、人との関わり方を忘れると、いざ、組織で仕事をするとなると、上手くやっていけなくなる恐れもあるので……(汗)

幸い、先月から、少しは、人と接したり話したりする機会が増えているので(気の合う友達は、まだ、できていませんが)、だいぶ、メンタル改善してきました。やっぱりバランスは大事ですね。今年は、それを心がけたいと思いました(^^)




  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング

↑このページのトップヘ