バンコク駐妻あるある日記

引きこもり、お洒落に無頓着、家ではダラダラ干物女のバンコク駐妻生活。1人で、日々、悩み、もがき・・・気付いたら、バンコクに5年くらい住んでいます。備忘録として日記を書く時もあれば、バンコク生活あるあるを公開することもあります。背伸びせずに、ありのままを書いているので、かなり辛口で平凡な内容だったり、悩みの公開になってしまってる節があるかもです。社交上手なキラキラ駐妻とは縁のない、自分に合ったマイペースな駐妻生活を模索中。

2019年06月




久しぶりに、サパンタクシンから船に乗って、お寺巡りと散策のショートトリップへ出かけました。Blue Flagの船がリニューアルされ、大きな船になっており、水しぶきもかからないし、乗り心地が最高でした。値段は、60バーツ。ちょっと、値上げされたかな?以前は、50バーツだったような・・・。

まずは、ワットアルン。もう、かれこれ10回以上(いや、もっとかな)、ここのピアで降りていて、毎回、降りる度に、ワットアルンの写真を撮ってしまうので、後から見返したら、いつ撮った写真か分からないかも。
P6091345

しかも、今回は、予定外に、タイの民族衣装を着て撮影までしてしまった。これも、初めてでなく、2度目。以前は、赤を着たので、どうしても、金色の衣装を着てみたかったのです(^^) なんか、四本の指に、細長いものをはめられてしまって、指の長い妖怪みたいになってしまってる(苦笑)
IMG_20190609_233927

とりあえず、ランチのため、行きつけのErr Urban Rustic Thaiへ。ワットポーの近くら辺にあるお店です。もう、5回以上行っていますが、いつも、迷ってしまうので、Google Mapに頼って行きます。

ここのグリーンカレーは、バンコクで一番美味しいって思っています。本格的な家庭の味!今回は、グリーンカレー(less spicy)、クイシンサイ炒め(less spicy)、サイウア、カオニャオを頼みました。グリーンカレーが美味しいのはもちろん、クイシンサイ炒めも食べやすい!サイウアは、ちょっと辛かったかな~。個人的には、ゲッダワーやビエンチャンキッチンのサイウアの方が、辛すぎず好みです(^^)
IMG_20190609_141614

その後、旦那の要望へ、Blue Whale Maharaj (Cafe)へ。インスタ映えするということで有名なバタフライピーを使用したドリンクを提供しているカフェ。私も旦那も、インスタなんてやっていないけど・・・。とりあえず、旦那のみ、バタフライピーラテを注文。ラテアートが可愛い!!肝心の味はというと、私は、3口くらいもらったけど、今までに飲んだことのない、よく分からない味だった・・・。コーヒーではない。これは、バタフライピーの味なのか?豆のような味でした。結局、旦那は、半分くらいしか飲めず、残してしまった・・・。
IMG_20190609_150001

次に、適当にトゥクトゥクの運ちゃんと交渉をして、ワット・ベンチャマボピットへ。最初は、200バーツって言われて、私が、100バーツとごねたけれども、結局、150バーツで了承した。渋滞もあって、20分くらいかかって、排気ガスも酷かったので(運転も荒いし)、タクシーで行けば良かったと、後悔したが・・・。

とても、綺麗なお寺。屋根以外の大部分が大理石でできているため「大理石寺院」と呼ばれているそうです。インド人観光客が多かったので、インドに来た気分。
P6091390

タイ人の方々が、お供え物を持って、3周歩いてお参りをしていた。
IMG_20190609_154429

その後は、タクシーにて、ワット・サケットへ。旦那が、歩いて行こうと言って、途中まで歩いて行こうとしたが、私がギブアップした。排気ガスが酷すぎて・・・。

ワット・サケットでの目的は、344段のらせん階段を上り、黄金の丘(Golden Mount)から街並みを見下ろすこと。

IMG_20190609_163207

丘の上からは、景色を見渡せるのみでなく、仏塔があって、お祈りする場所もある。私が最も印象的だったのは、鐘の音。至るところに、小さな鐘が沢山吊るされてあって、風がふくと音がさらに大きくなって、その音色がとても心地よかった。
IMG_20190609_165901

そして、街を見下ろすと、雨雲がものすごい速さで、こちらに向かってきていることに気付く。
この後、豪雨により、30分くらい、こちらのお寺で雨宿りさせてもらいました。

IMG_20190609_165924

雨が少しおさまってから、向かった先は、ジャイアントスイング。ワット・サケットから、歩いて15分くらいだったので、案外、近かったです。

大学生達が、卒業写真の撮影会をしていました。天気が悪くて、ちょっと、残念・・・。
P6091548

そして、夕飯に、パッタイ ティップサマイへ。ジャイアントスイングから、近くて、徒歩5分くらい。
IMG_20190609_192212

17時開店で、到着したのが、16時40分くらいでしたが、ものすごい行列でした・・・。私達の前に、30人くらいは並んでいました。でも、16時50分くらいには、開店してくれて、座席数も結構多かったので、すぐに入ることができました。

とりあえず、一番人気のオムレツに包まれたパッタイを注文。120バーツです。旦那は、生絞りオレンジジュースも頼んでいました(確かsmallで90バーツ)。私は、ここのオレンジジュースは苦手なので頼まず。一口だけもらいましたが、やっぱり好きな味じゃない・・・。
P6091580

パッタイの味は、めちゃめちゃ美味しい!やぱり、ここのパッタイがバンコクで一番美味しいと思います。
IMG_20190609_191212

その後は、歩いて、カオサンロードへ。本当は、夜のカオサン(ネオンでギラギラした)を満喫することが目的でしたが、旦那が疲れてしまったので、日が沈むのを待てずに、帰ることになりました。私自身、学生時代に、バックパックでカオサンに宿泊した経験があるので(夜はクラブミュージックが鳴り響いて、殆ど寝られなかった記憶があります・・・)、ちょっと、楽しみだったんだけど。また、乾季の日の入りが早くなる時期に、来たいと思います。
P6091628

帰りは、トゥクトゥクと交渉して、100バーツ(200バーツからの値下げ)で、ナショナルスタジアムまで連れて行ってもらいました。

久しぶりの散策、楽しかったです(^^)




  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング




私がタイで生活する中で、以前から思っていることの1つが、タイ人の思考・思想・生活が、仏教の影響をものすごく受けているということです。

そりゃ、仏教国だから当たり前なのかもしれませんが、親や家族からの教えや躾など自体が仏教の教えそのもので、仏教を座学で学んできたというより、生活をしていく上で、身についてきたのではないかと思います。あまりタイ人の友達がいないので、詳しいことはよく分からないのですが・・・無神論者の多い日本で生まれ育った私には、タイ人の考え方や価値観は、時々、目を見張るというか、見習うべき点も多いように感じるのです。

例えば、普通に、プロンポンやアソークの駅近で、赤ちゃん(レンタルチャイルド?)を抱いた女性がお金をせがんでいて、普通に、タイ人の中学生か高校生らしき女の子達が、お金を入れていくのを見ます。まぁ、そういうのは、マフィアがバックにいるから、やらない方が良いとは言われているものの、そういった女の子達の心が素晴らしいと思うのです。困っている人のために、小さなことでもいいから、自分ができることをしようという、その心がいいなぁ~って思うのです。

また、タイで孤独死をする日本人の高齢者が増えているというニュースで、近所に住むタイ人が、その方が亡くなるまで、食べ物を持って行ったり、お世話をしていた(もちろん、何の見返りも期待せず)という話も読んだことがあります。困っている人を助けるのは、当然という考え方なのです。

私の主人は、いつもタイ人の同僚から、食べ物やお菓子など頻繁に何かしらもらってきています。日頃の感謝の気持ちを表してくれているんですね。タイ人にとって、与えるということは、当然のことで、むしろ、与えることで、周りを幸せにし、自分も幸せになるのです。

そいういった考え方の根本にあるものは、仏教の教えだと思っています。生活をしていく上で、親や親族、学校の先生方から受け継いだ教えなんじゃないかと。だから、タイ人は優しい人が多いと言われている。

日本でも、恩や義理などはあるけれども、与えること、助けることで、自分自信も満足して幸せになれるという考え方は、そこまで浸透していないように感じます。

なので、自分の損得を考えるのではなく(そういうタイ人も、話を聞くと結構いますけど・・・)、心からそうしたいと思える人が多い社会って、素晴らしいな~と思えるのです。






  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


タイランキング

↑このページのトップヘ